リテール向け分析(RTA)

カメラ映像の分析により、店舗経営を「見える化」するシステムをご提供します。

監視カメラの映像から、来店客数カウント、経路分析、方向分析、滞在分析など、来店客数の行動パターンを分析し、収益モデルの確立を支援するシステムをご提供します。

RTAは、「見える化」を実現

RTAは、店舗運営の「見える化」ツールです。

・RTAは、貴店の「見える化」推進のお役に立ちます。

①来店客の行動パターンを「見える化」します。

②行動パターン分析により、店舗の強み・弱みを「見える化」します。

 

RTAは、貴店の死角をなくします。

・RTAは、ビデオソリューションを活用し、来店客の行動をトレースし、関心を明らかにします。

・RTAは、POSと連携し、貴店の強み・弱みを明らかにします。

 

RTAは、収益モデルの確立に貢献します。

・RTAは、複数店舗で導入することにより、店舗間の比較も容易になります。

 

RTAは、6大機能により行動パターン分析を支援

RTAは、来店客の行動パターンの分析に役立つ様々な機能を有します。下記は標準搭載機能です。

機能 機能概要
1. スケジュール設定機能 あらかじめ設定された期間、あるいは任意に設定した期間で設定出来ます。
2. 店舗・地図機能 地図上で店舗名をクリックし、クエリの対象となる店舗を選択/選択解除出来ます。
3. 人数カウント機能 個別のカメラ毎に仕掛け線を設定できます。
4. 方向計算機能 任意の地点での、来店客の方向分析が出来ます。
5. 熱分布地図作成機能 区域の熱分布図を使用し、顧客の興味を引いている場所を迅速に把握出来ます。
6. 売り場の比較機能 区域と仕掛け線を効果的に使用し、売り場の比較が出来ます。

 

RTAは、貴店の死角をなくします

RTAには、死角をなくせる2つの理由があります。その理由とは、・・・。

理由その1:RTAは、POSとの併用により、貴店の死角をなくします。

POSで捉えきれない来店客の購入前の行動を、RTAは捉えることが出来ます。
POSとRTAを併用することで、貴店の売上げにかかる来店客の行動の死角がなくなります。

入店客 接近客 注意・興味客 購入客
POS × ×
RTA ×
合計 1,000人 200人 50人 30人

図:AIDMA分析表

 

理由その2:RTAは、精度の高い導線分析により、貴店の死角をなくします。

 aidma

 

RTAは収益モデルの確立に貢献します。

RTAは、複数店舗で導入することにより、店舗間の比較も容易になります。
AIDMA分析を容易にし、各店の強み、弱みを明確にし、「あるべき姿」を明示出来るようになります。

 

RTA導入事例のご紹介

流通業界においては、既にRTAの導入が始まっております。

下記にユーザー様における導入効果と導入例をご紹介します。

RTAの導入効果

RTA導入の背景 RTA導入効果
月、週単位での分析を行い、従業員の配置を最適化し、生産性の向上を図りたい。 20%の生産性向上を実現
従業員の配置を最適化により、追加雇用を減らし、最適な従業員配置を実行出来た。
ホットスポットとデッドスポットを分析し、商品の配置を最適化し、売上を増大したい。 7%の売り上げ増を実現
このシステムを導入している店舗での従来と比較。
顧客の興味のある商品にもかかわらず、売れないものがある。その理由(価格、営業がいない、商品の配置場所がよくない)を分析し、最適化(値引き、販売員や商品の配置を変える等)を図りたい。さらに今後の店舗運営モデルとしたい。 500%の売り上げ増を実現
特定の商品に関して最適化を行うことにより、従来と比較

 

RTAは、来店客の行動パターンの分析に役立つ様々なデータやグラフを作成し、出力します。

1. 経路図
rta_03
2. 熱分布図
rta_01
3. 方向分析
rta_04
4. 人数計算
rta_02
5. 購買客のトレンド
rta_05

 

rta_06

 

RTAのシステム構成

RTAは、導入ユーザー様のご要望により、下記のようなシステム構成が可能です。

スタンドアロン構成
各店舗にローカルのアナリティックエンジンとレポートジェネレータ設置。店舗管理チームが、店舗データに基づいて、レポートを作成。rta_sys01
集中化データセンター構成
レポートジェネレータを集中化した場所(本社など)に設置。複数店舗を対象にレポートを作成でき、店舗間の比較も可能rta_sys02

 

RTA(Retail Traffic Analysis)は米国Verint社の製品です。
本ページの内容は、予告無く変更することがあります。