インテリジェントQoS:Nectar Evolution

upper border

Nectar Evolution ™は、Microsoft、Cisco、Avayaなどのベンダー製品を利用した異機種(マルチベンダー)のネットワーク、UC環境に、自動調整を可能とするインテリジェントQoS機能を持つ、ソフトウェア管理型のポリシーエンジンソリューションです。

ソフトウェア管理型のポリシーエンジンとは?

今日、ユニファイドコミュニケーション(UC)製品(Cisco®、Microsoft®、Avaya®など)の音声、ビデオ、メッセージ、プレゼンスおよびコラボレーション機能/機能性が向上したことにより、Cisco Unified Communications Manager (CUCM)、Microsoft Skype® for Business、およびAvaya Aura™ Communications Manager (ACM)の利用が急速に展開されています。
しかし、企業はパブリック、プライベート、およびハイブリッドのITインフラ全体で複数のベンダー製品を取り入れているものの、異機種間UCアプリケーション/デバイスやネットワーク要素のライフサイクル管理が複雑であるため、UC展開のスピードやメリットが制限される懸念があります。

各それぞれのソリューションのスキルを持つ運用管理エンジニアが、手動での設定を行う事を元に、ベンダー毎にデプロイ、モニタリングおよびエラー管理ツールや方法が「サイロ化」されていることが、この問題の素因と思われます。

これらはソフトウェア定義ネットワーク(SDN)、ネットワーク機能仮想化(NVF)、RESTfulなAPI、そして統合型ポリシーエンジンなどの新技術により、UCやネットワーキングポリシーのオペレーションを自動化し、「サイロ化」を解消して、総所有コスト(TCO)やユーザー体験の劇的な改善を実現することができます。

Cisco Application Policy Infrastructure Controllerエンタープライズモジュール(APIC-EM)を導入し、そこに自動化されたソフトウェア管理型のポリシーエンジン実装することで、TCO削減やユーザエクスペリエンスの向上を実現できます。

複数ベンダー(マルチ)UC導入と課題

図1をご覧ください。

図1. 分散型企業のネットワークおよびUCインフラ展開状況

図1. 分散型企業のネットワークおよびUCインフラ展開状況

典型的な分散型企業では、複数の支店、大型拠点、パブリック/プライベート/ハイブリッドのデータセンターが存在し、WANインフラではMPLSとIPの両方がこれらの様々な拠点に繋がっており、非常にモビリティの高いユーザーが複数ベンダーからの様々なUCエンドポイントを利用しています。
こうした企業のIT組織は、これまでのPBXやIP-PBXソリューションからUCに転換していますが、通常、採用しているUC要素(エンドポイント(EP)、通話処理(CP)、セキュリティノード(SN))は統一されたベンダー製品のものではない事が多く見受けられます。

また、UCソリューション毎に独自の要素(EM)であるアプリケーションやデータベースが存在するため、ベンダーごとに「サイロ化」された業務手順や災害対応が必要になります。

そのため、ライフサイクル管理プロセスは手作業がメインとなってしまい、ベンダーごとに特有の管理能力やツールが必要になり、ITスタッフは要件やユーザーの移動、追加、更に変更等が発生するたびに、エンド・ツー・エンドのポリシーをマニュアルで調和および検証しなければなりません。

更に、このデプロイをさらに複雑化しているのが、ネットワーク要素(エッジルーター(ER)、データセンタースイッチ(DS)、アクセススイッチ(AS)、アクセスポイント(AP)、およびセキュリティノード(SN))のベンダーは通常1社に絞られておらず、それぞれに独自の管理ツール、データベースおよび専門知識が必要であるという事実です。
アクティブネットワークやUCセキュリティ脅威に直面して、ユーザーがシームレスな移動、場所に依存しないネットワークアクセス、またデバイスに依存しないネットワークアクセスを要求していることで、問題はさらに複雑化しています。

従来のUC管理問題対応方法

現在のUCの展開において、Coherency(一貫性)、ダイナミズム、またエンド・ツー・エンドのサービス可視性に欠けるインフラ管理ソリューションに依存しています。
図2は、日々の業務(ネットワーク要素、UC要素またはユーザー属性の移動、追加または変更など)のライフサイクル管理コストを示しています。

図3. Nectar Evolution、Cisco APIC-EMおよびMicrosoft SDN APIを使用した<br /> リアルタイムの統合型動的サービスの実現と保証

図2. 従来のネットワーク

図2に描かれている各ネットワーク要素は、統合された「コントローラー」とデータ転送/フィルタリング部分で構成されています。
通常、すべての要素はそのベンダーの要素管理(EM)アプリケーションとデータベースを利用してマニュアルで設定するか、設定インターフェースを通じて直接設定しなければなりません。
例えば、セキュリティやアクセスポリシーにエンド・ツー・エンドの変更を行う場合、複数のベンダーのネットワーク要素、UC要素またはユーザーポリシーに単純な変更を行うために、エンド・ツー・エンドの接続内の各要素をそれぞれ別々かつ手作業で設定しなければならないのです。
時間のかかる要素のマニュアル設定、エラー発生率の高さ、また要素設定シーケンスが同期されていないことから発生する労働コストや機会費用が問題となります。

障害対応は更に大きな課題です。例として、UCフロー上のいずれかのノードで、AS、AP、ERまたはDSのプライオリティキューに設定ミスがあった場合、これらの要素のリンクでUCフロー以外から高い通信量が発生し、音声またはビデオのリアルタイムプロトコル(RTP)セッションで中断が起こる可能性があります。
仮にこのような中断は数秒間しか続かないとしても、従来のネットワーク要素管理システムでは、影響を受けやすいネットワーク要素やインターフェースに対するイベントのリアルタイム検出はできません。
複数ベンダーの様々なネットワーク要素が使われている環境では、リアルタイムの検出、分析は実質的に不可能なのです。

音声セッションの瞬断でも、これを体験したユーザーは品質低下事象が発生したことをはっきり認識できます。ですが、ユーザーがクレームを伝えるネットワークオペレーション担当者は、品質低下事象をリアルタイムで確認できません。
ユーザーにとってはクレーム内容を理解してもらえないということであり、結果としてネットワークオペレーションチームに対する信用が低下します。どんなに説明しようとも、通話が終了後しばらく経過しなければ、ユーザーはIT運用担当者へ事象を伝え、確認を行ってもらう事が出来ません。

何故ならば、大抵の通話処理アプリケーションは、エンドポイントでサービス品質モニタリングを行いますが、通話終了時の通話詳細記録(CDR)内の品質低下しか報告しません。
通話時間が長い場合、担当者がユーザーのクレームを確認し、解析や復旧作業を始めるには、サービス品質低下事象の発生後、CDRを取得するまでにかなり長い時間待たなければならないのです。

Nectar Evolutionが可能とすること

必要なのは、複数ベンダーのすべてのUCとデータネットワーク要素にリアルタイムで作用し、統合されたソフトウェア管理型のポリシーエンジンで実施される、エンド・ツー・エンドのUCサービスの実現と保証のソリューションです。

図3は、Cisco APIC-EMとNectar Evolutionのポリシーエンジンを使って提供される、そのようなソリューションを描いています。

図3. Nectar Evolution、Cisco APIC-EMおよびMicrosoft SDN APIを使用した<br /> リアルタイムの統合型動的サービスの実現と保証

図3. Nectar Evolution、Cisco APIC-EMおよびMicrosoft SDN APIを使用した

リアルタイムの統合型動的サービスの実現と保証

 

Nectar Evolutionは統合型ポリシーエンジンを提供することで、ベンダー間の違いを埋め、複数ベンダーからのUCおよびネットワーキング要素に、完全なエンド・ツー・エンドの概念を実現しています。

Nectar Evolutionのポリシーエンジンやデータベースは、Cisco APIC-EMのインターフェースを介してCiscoと作用します。

さらに、EvolutionはMicrosoft Skype for Businessのフロントエンドサーバーからデータを収集し、Microsoft Skype for Business SDN APIから提供されるリアルタイムの情報を使用しています。

【今回リリースされるEvolutionのバージョンでは、Cisco APIC-EMを介してマルチベンダーによるUCモニタリングとネットワークコントロールに対応します。】

Nectar Evolutionは統合された共通のポリシーエンジンやデータベースによって個々の要素管理ソリューションを同期するため、過去に手動作業で行われていたベストプラクティスをこの分散型のインフラ全体で自動化および検証できるのです。直接的には、大きい順にTCOの削減、サービスの実現、そしてエラー保証というメリットがあり、ITスタッフは、ポリシー型設定やサービス検証オペレーションの自動化に対応することで、Evolutionのダイナミズムを拡張できます。ネットワークのサービス品質(QoS)やユーザーポリシーの自動化により、ITスタッフは従来のネットワークやUC管理方法では効率的に実現できなかったカスタマイズサービスや動的サービスを提供できるようになります。

ソフトウェア管理型のポリシーエンジン(Nectar Evolution)の実装メリットを以下にまとめます。

運用コスト(TCO)の削減 - 統合されたエンド・ツー・エンドのUCおよびネットワークポリシーエンジンNectar Evolutionで、正常時、および障害時のオペレーションを自動化。

UCエコシステム - 統合型ポリシーエンジンとデータベースで、Microsoft、Cisco、AvayaなどのUCベンダー製品が混在するエンド・ツー・エンドのUCソリューションに対応。

高度ネットワーキング - Cisco Aruba®、Hewlett-Packard Enterprise®およびその他のネットワーク設備プロバイダー(NEP)製のSDNやレガシーネットワーク要素に対応。

UCユーザーエクスペリエンスの向上- 事前定義されたUCポリシーにより、エンド・ツー・エンドのエラー検知、診断、隔離および矯正処理を統合、自動化および高速化。

これらのメリットを詳しく説明するため、以下に使用例をご紹介します。

 新規エンドポイントのQoS初期設定 - Nectar Evolutionは新規または既存のエンドポイントやネットワークデバイスにQoSポリシーを自動設定します。Skype for Business、Cisco IP PhoneまたはCisco Jabberなどのエンドポイントが新たに接続すると、Nectar Evolutionが自動的にエンドポイントのタイプとIPアドレスを識別して、そのタイプに該当のQoSポリシーを選択し、APIC-EMを介してコマンドを発行します。
その結果、新規接続されたエンドポイントへのネットワークアクセスポートでQoSが再設定されます。

 エンドポイントのサイト間移動時のQoS設定 - l  過去に使用されたエンドポイントが企業内の物理的に別の場所に移動され、同じ企業内ネットワークに接続される場合、Nectar Evolutionが自動的にエンドポイントのタイプとIPアドレスを識別し、該当のQoS設定ポリシーを選択の上、APIC-EMを介してコマンドを発行します。その結果、ネットワークアクセスしたデバイスの新規接続エンドポイントのポートでQoSパラメータが再設定されます。この使用例には、アクセススイッチで有線接続から無線接続へデバイス移動する場合や、その逆の移動も含まれます。

どちらの使用例でも、システム管理者が関与することなく、QoSが自動的に設定されます。Evolutionは各接続イベントのレポートや記録も行います。

TCOの削減、複数ベンダーの全てのUCやネットワーク要素に必要なポリシー管理統合、UCユーザーエクスペリエンスが全体的に改善、また、UCユーザーにリアルタイムで優れた体験を動的にお届けできるというメリットがあります。

NectarでUC採用を促進し、マルチベンダーの全てのCisco UC環境でQoSの大変革を起こす方法については、www.nectarcorp.comをご覧ください。

スターシステムズは、Nectar Services社の正規総代理店です。

お問い合わせはこちらまで

電話でのお問い合わせ
Tel : 03-5774-4086

メールでのお問い合わせ
mail : sales@starsystems.co.jp